ホームページ制作 初期費用¥0 月々1000円であなたのお店もホームページが持てる 小さなお店・事業のためのホームページ制作

ホームページ制作 ホームページ1000 ロゴ

ホームページ制作【ホームページ1000】HOME > ホームページ1000 公式メールマガジン バックナンバー > 008

<< 前へ   次へ >>
バックナンバー 一覧へ戻る

バックナンバー Vol.008:
ホームページ作成に必要なHTML・CSS・サーバーについて:

こんにちは。

「ホームページ1000」の代表・デザイナー・Web集客コンサルタントの大竹です。

今回から「ホームページの成り立ち・仕組み(HTML・CSS・サーバ)」について検討していきたいと思います。

=================

今回のテーマは

ホームページ作成に必要なHTML・CSS・サーバーについて

について検討していきます。

ホームページを作りたいと思っているけれど、そもそも

・HTML
・CSS
・サーバー

についてよくわからない人のためのものです。

=================

<ホームページを構成する要素>

もしこれからあなたが何らかの方法でホームページを持ちたい、と考えているのなら

「ホームページの成り立ち・仕組み」

というのは是非知っていて欲しい知識です。

「ホームページの専門知識はいりません」と謳っている無料のホームページ作成サービスはたくさんありますが、「ホームページの仕組み・基本的な知識」があるのと無いのとでは大きな違いです。

電気製品が動かなくなって、電気屋さんを呼んだら電源が入っていなかっただけ、というのは良くある笑い話ですが、ホームページに関しても同じようなことが本当に良くあるのです。

たとえホームページ制作代行業者に依頼するにしても、ホームページの要素と成り立ちは知っていた方が何かと制作の助けになります。

制作の段階で何か説明が必要な時に代行業者もなるべくホームページの専門用語使わずに説明しようと努力しますが、業者は専門ですのでどうしても「この程度のことはわかるだろう」という思考になってしまいがちだからです。

「ホームページの成り立ち・仕組み」の基本的なことを共有しておけば、ホームページ制作の代行業者との話もスムーズに進むと思います。

もちろん「完全に自力でホームページを作成してやる!」と考えてるタフな人は、知らなければお話にならない知識です。

これまで何度か出てきていますが、ホームページの基本的な要素は

・HTML
・CSS

です。

自分のPC(ローカル)だけで楽しんでいる分には必要ありませんが、作成したホームページを世間に広く公開するためには

・サーバー

が必要になります。

他にも、より動きのあるホームページにしたり双方向のページにしたりするために JavaScript や PHP といった知識もあった方が良いですが、ひとまずそれなりのホームページにして一般公開するためには

1. HTML
2. CSS
3. サーバー

の知識は最低限必要になるということです。

次回以降それぞれ詳しい内容を検討していきます。

それでは今回はこの辺で。


また次回お会いしましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました!


大竹


<< 前へ   次へ >>
バックナンバー 一覧へ戻る

▲TOPへ