ホームページ制作 初期費用¥0 月々1000円であなたのお店もホームページが持てる 小さなお店・事業のためのホームページ制作

ホームページ制作 ホームページ1000 ロゴ

ホームページ制作【ホームページ1000】HOME > ホームページ制作をお考えのあなたへ > HPをはじめて作ろうとお考えのあなたへのアドバイス

ホームページをはじめて作ろうとお考えのあなたへのアドバイス

このコンテンツははこれからホームページを持ちたいと思っているけど、ホームページの作成についてほとんど、もしくは全く知識がなく、右も左も良くわからない人のためのものです。

あなたはこれから自分のお店や事業のホームページを作りたいと考えている方でしょうか?
それとも上から言われて会社のホームページを作らなければならない方でしょうか?
どのような理由にせよ、自分の事業・お店のホームページを作成しようとする場合は大きく分けて

1. 自分でゼロからホームページを作成する
2.(無料の)ホームページ作成サービスを利用する
3.ホームページ制作代行業者に頼む


の3つの方法があります。

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

1. 自分でゼロからホームページを作成する

<メリット>
何と言っても
「好きな時に好きなだけ、自分の思った通りに」
ホームページを作成できるし、作成したホームページを思いのまま増改築できる点です。

デザインやレイアウト、ページ数や構成の制約を全く受けません。

「この商品・サービスを世に広めたい」と思った時にタイムラグが無く営業活動をはじめることができます。

もちろん費用も必要最低限で運営できます。

<デメリット>
言うほど難しくはないですが、最低限 HTMLやCSSの知識が必要になります。

HTMLやCSSというのはホームページを作成するためのプログラムのことです。

プログラムとしては最も簡単な部類に属すると思いますが、知識が全くない状態から身に付けようとするなら自由自在にホームページを操れるようになるまで最低でも3ヵ月は掛ると思います。

白紙の状態からホームページを作るわけですから別にデザインやレイアウトの知識も少なからず必要です。

デザインやレイアウトの知識がなくホームページを作るとよくある「素人くさい」ものになってしまいます。

またホームページビルダーのような、いわゆる「ホームページ制作ソフト」を使えば簡単にホームページが作成できると思っている人がいますが、自由自在にホームページを操れるようになるためにはやはりHTML・CSSの知識は必要になります。

<結 論>
自分でゼロからホームページを作成した方が良いのは「時間に余裕があり、ある程度ホームページ作成のための勉強に集中できる人」です。

短期的に集中して勉強した方が身に付くと思います。

現代のネット社会にあって「ホームページを自由自在に操れる知識」というのは特に小規模な事業を営んでいる人にとって無限の可能性のあるものだと思っています。

できることなら身につけてもらいたいスキルではあるのですが、「デザインやレイアウト」が深く関わっていることなのでどうしても「向き不向き」があります。

口が裂けても「誰でも簡単にできます」とは言えないので、とてもじゃないけどそんな時間は取れない、もしくはホームページ作成の知識の習得のモチベーションが続きそうにない方は、次の

2.(無料)ホームページ作成サービスを利用する
3. ホームページ制作代行業者に頼む

を検討した方が良いと思います。

2.(無料)ホームページ作成サービスを利用する

<メリット>
ここで言っているホームページ作成サービスの現在の代表的なサービスは、WixやJimdoなどです。 他にもこの手のサービスはたくさんあります。

メリットはHTMLやCSSといった知識がなくても、ある程度操作方法を身に付ければメールに文章を打ち込む感覚でホームページが形になる点です。

イメージにぴったり合ったデザインがあれば、中々オシャレなページが出来上がります。
自分で内容の修正・追加・削除などの更新作業ができる点も良いですね。
操作性も中々良いので、特にはじめてホームページの作成を検討されている方は良いのではないかと思います。

<デメリット>
「操作性が良い」ということは
「あまり使用しない操作が制限されている、もしくはカットされている」
ということです。

ですからちょっと制限から外れたことをしたいと思った時に簡単にはできません。

カスタマイズしようと思ったら、やはりHTMLとCSSの知識が必要になります。

この手のサービスはデザインも操作も決められているので「やりたいことが出てきた時に思った通りのことができない」ことがある点が、何と言ってもデメリットです。

「やりたいことが出てきた時に、思った通りのことができない」というのは案外ストレスになります。

あと、これは人によるとは思いますが、当然サービスを提供している会社のシステムに依存しているわけで、その会社に何かあった時にどうなるかということに一抹の不安が残ります。

<結 論>
この「ホームページ作成サービス」というのははじめてホームページを作成する、そしてホームページをある程度自分で管理したい人にはちょうど良いサービスだと思います。

サービスを提供している会社のシステムに依存することが気にならない方はホームページを持つ喜びを感じることができると思うので試しに使ってみるのも良いと思います。

3. ホームページ制作代行業者に頼む

<メリット>
ある程度掲載する内容が決まっていればあとはリクエスト通りのホームページを作成してくれますので掲載内容を考える以外の手間を大幅にカットできる点です。

大抵の事業経営者は余計な時間を取る余裕がありませんから「手間と時間を買える」ということと、「イメージ通りのページが出来上がる」というのが最大のメリットです。

<デメリット>

ホームページの制作業者は星の数ほどあるので、何と言っても「どの業者を選んで良いかわからない」という点でしょう。

相場がわからないし、そもそも何を基準で選んで良いのかがわからないと思います。

必ずしも高いから良いわけではなく、安いから悪いわけでもありません。

<結 論>

ホームページ制作代行業者に依頼するということは時間のない事業経営者にとって「手間と時間を買う」という点で懸命な判断だと思います。

ある程度ホームページに予算が割けることができて、気に入って信頼できる業者を見つけることができたら代行業者に依頼するのも良いと思います。

あと、これはその制作代行業者によりますが、完成して公開したホームページの内容の変更の際には費用が掛かる場合がほとんどだと思いますので、更新頻度とランニングコストとの兼ね合いも重要です。

まとめ

はじめてのホームページの作成を検討している際に重要なのは「掛けられる時間・手間と費用」の兼ね合いです。

かなり時間と手間を掛けられるのでしたら自分でゼロから作成しても良いと思いますし、あまり時間と手間は取れないけど予算もあまりないということでしたら「ホームページ作成サービス」を利用するのが良いのではないかと思います。

ある程度予算に余裕があり、気に入って信頼できる業者を見つけることができたら、制作代行業者に依頼するのも良いでしょう。


お申し込みボタン

▲TOPへ