ホームページ制作 初期費用¥0 月々1000円であなたのお店もホームページが持てる 小さなお店・事業のためのホームページ制作

ホームページ制作 ホームページ1000 ロゴ

ホームページ制作【ホームページ1000】HOME > ホームページ制作をお考えのあなたへ > ホームページ作成に必要なHTML・CSS・サーバーについて

ホームページ作成に必要なHTML・CSS・サーバーについて

このコンテンツは

ホームページ作成に必要なHTML・CSS・サーバーについてについて検討していきます。

ホームページを作りたいと思っているけれど、そもそも

・HTML
・CSS
・サーバー

についてよくわからない人のためのものです。

ホームページを構成する要素

もしこれからあなたが何らかの方法でホームページを持ちたい、と考えているのなら

「ホームページの成り立ち・仕組み」

というのは是非知っていて欲しい知識です。

「ホームページの専門知識はいりません」と謳っている無料のホームページ作成サービスはたくさんありますが、「ホームページの仕組み・基本的な知識」があるのと無いのとでは大きな違いです。

電気製品が動かなくなって、電気屋さんを呼んだら電源が入っていなかっただけ、というのは良くある笑い話ですが、ホームページに関しても同じようなことが本当に良くあるのです。

たとえホームページ制作代行業者に依頼するにしても、ホームページの要素と成り立ちは知っていた方が何かと制作の助けになります。

制作の段階で何か説明が必要な時に代行業者もなるべくホームページの専門用語使わずに説明しようと努力しますが、業者は専門ですのでどうしても「この程度のことはわかるだろう」という思考になってしまいがちだからです。

「ホームページの成り立ち・仕組み」の基本的なことを共有しておけば、ホームページ制作の代行業者との話もスムーズに進むと思います。

もちろん「完全に自力でホームページを作成してやる!」と考えてるタフな人は、知らなければお話にならない知識です。

これまで何度か出てきていますが、ホームページの基本的な要素は

・HTML
・CSS


です。

自分のPC(ローカル)だけで楽しんでいる分には必要ありませんが、作成したホームページを世間に広く公開するためには

・サーバー

が必要になります。

他にも、より動きのあるホームページにしたり双方向のページにしたりするために JavaScript や PHP といった知識もあった方が良いですが、ひとまずそれなりのホームページにして一般公開するためには

1. HTML
2. CSS
3. サーバー

の知識は最低限必要になるということです。

1.ホームページ作成に必要なHTMLの知識

HTMLというのは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略です。

HTMLの最大の特徴は

・リンクが貼れる

ということです。

「ハイパーテキスト」とは、このリンクで他の文書と関連付けられる、ということを意味しています。

リンクによってインターネット上で他のコンテンツと結び付けられるということが紙などの他の媒体と決定的に違うところです。

この「リンクが貼れる」という特徴によってインターネットは爆発的に広がっていったのです。

HTMのもうひとつの重要な特徴は

・文章の構造を規定している

ということです。

これは特にSEO対策を施す際の内部対策で非常に重要になります。

「文章の構造」を説明すると長くなるのでここでは割愛しますが、ホームページにおける「文章の構造」と対になる要素が「デザイン・レイアウト」です。

さて。

別の言い方をするとHTMLは、英語や日本語と同じように「インターネットエクスプローラー(IE)などのブラウザで、ホームページを表示させるための"言葉"」です。

言葉、というと拒否反応が出る人がいるかもしれませんが、日本語を習得している私達からすれば、アホみたいに簡単な言語です。

どのサイトでも良いのでブラウザを開いてブラウザのメニューの「表示」→「ソース」を選んでみてください。

テキストエディタが起動して謎の文字列が出てきましたね?

こんなやつ ↓

<html>
<head><META HTTP-EQUIV="content-type" CONTENT="text/html; charset=euc-jp">
<title>Yahoo!メール</title>
<script type="text/javascript">

この"<~>"で囲まれた文字列がHTMLです。

"<"">"で囲まれた文字のことを「タグ」と言います。

どんな言語にも書き方にはルールがあるようにHTMLも言葉ですから記述のルールがあります。

日本語だったら文章の終わりには"。"を書くとか、英語だったら文章の始めは大文字で、ピリオドで文章が終わるとか。

ですから当然 HTMLにも記述のルールがあります。

このルールさえ押さえれば、リファレンスを参照すれば大体の意味はわかるようになります。

とりあえずHTMLを読めるようになるために覚えなくてはならないタグのルールは

1.開いたタグは閉じなくてはならない
2.入れ子の構造


の2つだけです。

◆ 1.開いたタグは閉じなくてはならない

例えば段落を表す<p>というタグがありますが

<p>~</p>

でワンセットになります。

<●>・・・開始タグ
</●>・・・終了タグ

と言います。
原則的に「開始タグ」と「終了タグ」はワンセットです。

◆ 2.入れ子の構造

入れ子とは、タグは互い違いに記述してはいけないというルールで

<p>今日は<b>良い天気ですね</b></p> →○

ということで、

<p>今日は<b>良い天気ですね</p></b> →×

ということです。

良く使うタグだけでも数十種類ありますが、ここで各タグの詳しい解説はとてもできませんので興味がある方は「HTMLリファレンス」で検索すれば各タグを解説しているページが出てきます。

2.ホームページ作成に必要なCSSの知識

「CSSの書き方」などは親切な方がネット上でわかりやすく説明してくれているので、ここではCSSというのはどのような役割かという概要を解説したいと思います。

CSSというのはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、ホームページにおいて「デザインやレイアウトを規定しているファイル」です。

HTMLというのは「文章の構造を規定している」という話を前回にしましたが、この「文章の構造」と「デザイン・レイアウト」を分けて管理しよう、という考えから生まれたものです。

実を言うと別にCSSを使用しなくてもホームページの作成は可能です。

必ずしもCSSを使用しなくても構いません。

CSSが生まれる以前は、HTMLだけでデザイン・レイアウトも表現していました。
(良く使われていたのが、いわゆる「テーブルレイアウト」)

ただ、HTMLのみでホームページを作成するとデザイン・レイアウトのメンテナンスが恐ろしく面倒になります。

ホームページは基本的に1ページに1つのファイルを作成します。

例えば完成したホームページのデザインやレイアウトを一部変更したいなー、と思ったとします。

HTMLだけでホームページを作成していたら、そのページ数分だけデザインやレイアウトの部分を変更をしなくてはなりません。

まあ、4~5ページ程度の小規模なホームページでしたらそれほど手間にはなりませんが、数十ページの大規模なホームページだったらどうでしょうか。

はっきり言って1から作り直すのと変わらない手間になります。

ここでCSSの登場です。

デザイン・レイアウトの管理は全てCSSが担っているので、CSSの必要箇所でだけ変更すれば全てのページに反映されるというわけです。

ですからHTMLの構造がしっかりしていれば、CSSを変えるだけで内容はそのままで全く別のデザインにできるということです。

あとCSSを使用しないHTMLだけのホームページは、HTML文書の中にデザイン・レイアウトの情報も含まれているわけですから、当然CSSを使用したHTMLファイルより文書の構造がわかりにくくなります。

文書の構造がわかりにくくなるとSEOに不利になると言われています。

SEOを意識するのでしたらCSSを使用したホームページの制作は必須です。

これが現在ホームページ制作で広くCSSが使われている理由です。

実際CSSを使用して作成したホームページのHTMLファイルを見ると、見た感じでも構造的にわかりやすく、すっきりしています。

もちろん僕も制作の際にはCSSを使用していますが、こうやって解説しているとCSSというのは革新的だなー、と改めて思います。

3.ホームページ作成に必要なサーバーの知識

特にホームページを作成しようとしている初心者の人がつまずいてしまうのが、このサーバーに関してです。

ホームページというのは別に、サーバーが無ければ見れないものではありません。

自分のPC(ローカル)で作成したHTMLファイルを、PCにインストールしているIEやクロームなどのブラウザで開けば見ることはできます。

ただサーバー上にファイルを移さなければ「一般に公開されない」というだけです。

ですから、ホームページの作成にサーバーが必要なのではなく、「作成したホームページを一般に公開するため」にサーバーが必要である、ということです。

どうもここの部分を勘違いしている人が多いようなのでまずはここを理解してもらいたいと思います。

サーバーの「サーブ」とは「提供する」、すなわち「送る」「送り手」ということです。

一方サーバーから送られてきた情報を受ける側がいわゆる「ローカル」です。

これがサーバーとローカルの関係です。

サーバーを「上」、ローカルを「下」に見立てて、サーバーから情報をローカルに移すことを「ダウンロード」、ローカルからサーバーに移すことを「アップロード」というわけです。

ロックされていない限り通常サーバーからの情報は自由にダウンロードできますが、サーバーへのアップロードは権限がないとできません。

誰でもアクセスできるようにしてしまうとサーバー上のデータをメチャクチャにされてしまう危険性があるからです。

ですからローカルからサーバーへ情報を移す場合には通常FTPというソフトを使用します。

この「ローカルからサーバーへ情報を移す(アップロード)作業」で多くの人がつまずいてしまいます。

サーバーを使用してホームページを公開するためには

1.通常はレンタルサーバーを借りる
2.サーバーへのログインのために「サーバー情報」を取得する

※サーバー付属のアップロード機能を使う場合は以下必要なし
3.FTPソフトを自分のPCにインストールする
4.FTPソフトにサーバー情報を設定する


ここまで来てようやくサーバーにホームページのデータをアップロードできる環境が整うわけです。

慣れてしまえばどうということはないのですが、はじめての場合はやはり壁が多いと感じると思います。

個々の解説は恐ろしく長くなってしまうので、また機会があればしたいと思います。


お申し込みボタン

▲TOPへ